純正と非純正インクカートリッジの違いについて

プリンターのインクカートリッジはそのプリンターのメーカーが独自に作成しているような専用の純正インクと、そうではない非純正インクとがあります。

純正インクの特徴としてはメーカーによって独自に作られたという事をはじめ、メーカー保証がついていたりそのプリンターに合わせてインクが最適化されていたりします。

ただその反面そのものの値段が高く、数回も使えば新しいプリンターが買えるくらいになります。

一方で非純正インクの特徴としては純正インクと比べてとにかく値段が安いですが、純正品とちがってメーカー保証というものがなく、カラーでの仕上がりの綺麗さにおいて見劣りしたり、純正インクでは合わないようなトラブルも起こるようです。

そのトラブルの例としてはインク漏れしやすかったり、インクの消耗自体が早かったり、突然インクが切れてしまったり、プリントヘッドの寿命が縮むなどしてプリンターの本体が壊れやすくなってしまうというようなことなどが挙げられます。

また非純正インクを使用した後に純正インクを使用してもしばらくは純正インクのような綺麗な仕上がりには戻らないというようなこともあるとされています。

このようなことなどからプリンター本体の寿命を延ばすという意味においても、純正インクを使い続ける方が結局安上がりになるという事も言われているようです。

個人的にはプリンターをある程度の年数使用しており、そのうえで近い将来新しいものに買い替える予定があるのであれば、非純正で代用しても良いかと思います。