純正品か互換品か。

特にパソコンで文章を書くひとは、たくさんプリントアウトしたいと思う人です。しかし、プリントアウトすると、インク代がかかってしまう…。そういう問題に対する絶好の解決策として、カー互換性カートリッジは、生まれました。

この互換カートリッジは、プリンターの会社(エプソンなど)からは、非常に忌み嫌われています。「互換性を使った際の故障には対処できません」といった意味の注意書きを、誰でも見たことがあるのではないでしょうか。

しかし、プリンター会社の「純正品」を使っていたら、いつまでたっても、プリントアウトをたくさんすることはできない…。という訳で、やはり、互換性のインクカートリッジに頼ってしまう訳です。

でも、実際の所、この「互換性カートリッジ」、大丈夫なのでしょうか。

実際のところ、購入を迷われている方が懸念するほど、危険なものではありません。ほぼ、純正品のカートリッジと同じ役目を果たしてくれます。

しかも、値段は十分の一!!「だったら、互換性カートリッジしかない!」と思われるかも知れません。しかし、二つ、欠点があります。

一つは、突然、プリンタが認識しなくなること。もう一つは、その「認識しなくなること」とほとんど同じ意味なのですが、寿命が短いことです…。