純正プリンタインクはオークションで探します。

家庭用のプリンターは、インク切れを起こすと動かなくなってしまうものが多いですね。

黒インクだけで印刷できる機種もありますが、そういう機種はまれです。

プリンターが止まると仕事にならないことも多いので、インクは前もって購入しています。

エプソンのプリンターを使用していたときは、とくに純正にこだわっていました。この頃は、まだ互換インクが一般的ではない時期だったので、インク代がとにかく高くつきましたね。

出入りのサプライ屋さんに注文すると、かならず定価でした。家電量販店で買っても1000円も安くならなかったです。

とはいえ、あまりエコな考え方ではないと思うものの、印刷代は削りたくない、と思っていました。

自宅で仕事をしているので、顧客とのやりとりはすべてプリントアウトして残したかったですし、年賀状の印刷もきれいにしたいと思っていました。

ネットで調べたことについて、興味深いものを印刷しておいて、読めるときに読みたい性質なもので、プリンタインクを切らすことは悪夢のようなものでした。

当時のエプソンの機種が販売終了になっていたこともあり、インクは遠くの量販店に行かないと手に入らず、やむなくオークションで探しました。開封済みのインクでもあれば…と、思っていたら、新品が定価の半額で出品されていて、送料を足しても破格だったので迷わず落札しました。このとき2セット購入できたので、かなり長く使えました。

出品者の方も、古い機種のインクの処分に困っていたんでしょうね。

それ以来、どうしても純正インクを使いたいときはネットオークションを見てみることにしています。