非純正インクカートリッジとの出会い

「先輩、何やっているんですか?」そう私が先輩に尋ねると、「インクの詰め替えだよ。純正のインクは高いからな。こうやって100円ショップの詰め替えを買うとコストは10分の1だからな。」高校2年の時、プリンターのインクに純正というものがあり、その純正のインクは高いという事を私は初めて知りました。

私は大学1年になった。上京し、初めての一人暮らしをスタート。祖母からは進学祝いでパソコンを買ってもらった。そして、パソコン購入時にプリンターも買ってもらった。プリンターはエプソン製だった。ただ、詰め替えのインクの存在を私はすっかり忘れていた。 

一人暮らしをはじめてから半年、プリンターが動かなくなった。インク切れだ。パソコンの画面、プリンターの画面を見ると「インク切れです。カートリッジを交換してください」の文字があった。思えば、半年間で大学の授業で使うレジュメやら、レポートの印刷で結構プリンターは利用していた。そこで、私は高校時代の先輩の話を思い出し、近くの100ショップに急いだ。

100円ショップで私は絶望をした。なんと、使っているプリンターにある型番のインクが無かった。「純正を買うしかないのか」と落胆していた。そう落ち込みながらネットサーフィンをしているとそこに救いが来た。「非純正インク315円」と書いてあった。そう、非純正インクカートリッジがネットでは多く出回っていたのだ。いやはや、今となっては当たり前だが、当時の私は随分と狭い世界に生きていた。

純正品か互換品か。

特にパソコンで文章を書くひとは、たくさんプリントアウトしたいと思う人です。しかし、プリントアウトすると、インク代がかかってしまう…。そういう問題に対する絶好の解決策として、カー互換性カートリッジは、生まれました。

この互換カートリッジは、プリンターの会社(エプソンなど)からは、非常に忌み嫌われています。「互換性を使った際の故障には対処できません」といった意味の注意書きを、誰でも見たことがあるのではないでしょうか。

しかし、プリンター会社の「純正品」を使っていたら、いつまでたっても、プリントアウトをたくさんすることはできない…。という訳で、やはり、互換性のインクカートリッジに頼ってしまう訳です。

でも、実際の所、この「互換性カートリッジ」、大丈夫なのでしょうか。

実際のところ、購入を迷われている方が懸念するほど、危険なものではありません。ほぼ、純正品のカートリッジと同じ役目を果たしてくれます。

しかも、値段は十分の一!!「だったら、互換性カートリッジしかない!」と思われるかも知れません。しかし、二つ、欠点があります。

一つは、突然、プリンタが認識しなくなること。もう一つは、その「認識しなくなること」とほとんど同じ意味なのですが、寿命が短いことです…。